赤城大沼のワカサギ釣りを手ぶらで楽しむ方法!期間やレンタル料金まとめ

スポンサーリンク
赤城大沼 ワカサギ釣り 手ぶらイベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬の赤城大沼名物といえば「ワカサギ釣り」。

群馬県にある赤城山大沼では、毎年1月上旬または中旬から3月下旬までワカサギ釣りを楽しむことができます。

今回は赤城大沼での「ワカサギ釣り」を手ぶらで楽しめる方法を紹介します。

自分で釣ったワカサギを天ぷらにして食べるととっても美味しいですよ!

ワカサギ釣り開催期間

1月上・中旬から3月末まで(氷が規定の厚さまで凍結してから、ワカサギ釣りが解禁になります)

時間

7時から15時(2021年は当面の間、15時終了となっていますのでご注意ください)

ワカサギ釣りレンタル

では早速、レンタルについて説明していきます。

赤城大沼 ワカサギ釣り 手ぶら

レンタルが出来るお店は沼尻側(青木旅館)、大堂商店街側(青木旅館、バンディ塩原、グリーン荘、曽山商店、名月館)でご利用になれます。

お店の方に初めてワカサギ釣りをする事を伝えていただくと釣り方や道具の使い方などもアドバイスしてくれるので、分からないことや不安なことなどは色々と質問してから、ワカサギ釣りをはじめてください。

釣ったワカサギは大沼湖畔のお店で調理もしてくれます!

自分で釣ったワカサギを天ぷらにして・・・釣る前にイメージトレーニングはバッチリです!

また、ワカサギ釣り初心者に向けて、Akagi Trip公式ホームページでHow to動画まで作ってくれています!

ワカサギ釣りが初めてと言う方はぜひ、ご覧になってからお出かけになってください。

レンタル料金について

ワカサギ釣りで必要になる竿などのレンタル料金です。
竿セット  1,000円(竿+仕掛け・エサ付き)
スペシャル竿セット 1,500円(スペシャル竿+仕掛け・エサ付き)
氷穴あけドリル 1,000円(1時間)
その他レンタル用品 イスやテント(1人用 1,500円・2人用 2,500円)

※風の強い日はテントのレンタルをオススメしています!寒いので風がなくてもテントがあった方が良いのでは?と個人的には思いました。

販売中のもの

  • エサ代(白サシ・紅サシ・ラビット)100から500円
  • 専用竿セット 1,500円または2,000円
  • 仕掛け代 350円から500円

アクセス

冬の赤城山は路面が凍っていて危険な場所もあります。ここでのアクセス方法は、雪道が不安の方用に紹介します。

私も雪道の運転が苦手なのでこの方法がオススメです!

雪の山道の運転が心配な方

道の駅ふじみ(富士見温泉)にマイカーを置いていけます。

山頂に行けるバスが出ておりますのでこちらに乗車していただければ、目的にへ到着します。

【AKGバス】往復乗車券・車内で販売 大人 1,650円 子ども 830円

 

公共交通

【JR前橋駅】または【上毛電気鉄道鉄道 中央前橋駅】

平日 富士見温泉行き→富士見温泉乗換→赤城山ビジターセンター行き
土日祝日 赤城山ビジターセンター行きより直通バスが出ています!

ワカサギ釣り持ち物と服装

氷上のワカサギ釣りは思った以上に、寒かったり風が強かったりと寒いです。

防寒対策はしっかりして楽しくワカサギ釣りを楽しみましょう!

赤城大沼 ワカサギ釣り 手ぶら

寒さを防ぐポイントは・・・「寒さ」「風」「水」を防ぐことです。

服装のポイント

  • スキーウエア・・・ワカサギ釣りは汚れるので古いスキーウエアがあればそちらがオススメです。
  • 着方・・・フリースやダウンジャケットの上には防水素材のジャケットを羽織り、インナーには保温性のアンダーウエアを着用するのがオススメです。
  • ボトムスも厚めのタイツまたはレギンスの上に防水仕様のパンツを履くと暖かさ抜群です。

また、耳まで隠れる帽子やネックウォーマー、手袋(作業がしやすいように指先が出るもの)で防寒できます。

足元は滑りにくい長靴やスノーブーツをはき、靴下も厚手のスキー用やアウトドア用のものをオススメします。

持ち物

  • 日差し対策用・・・サングラスや日焼け止め・リップクリーム
  • カイロ・・・防寒用に必ずお持ちになってください。靴用・体用
  • タオルやウエットティッシュ・・・ワカサギを直接掴むので、何種類か持っていると便利です。

ワカサギ釣りまとめ

一面に氷が張った湖の上に、自分で穴を開けて自分で釣りをする「ワカサギ釣り」。

今回は、ワカサギ釣りデビューの方に向けて紹介させていただきました。

持ち物と服装のポイントを押さえて、ぜひ赤城山にある大沼へ「ワカサギ釣り」を楽しみに来てください。

赤城大沼ではワカサギ釣り以外でも1年を通して赤城山を楽しめる体験が沢山あります。詳しくは、Akagi Trip公式ホームページをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました