情熱大陸タツナミシュウイチのマイクラが無料で学べるサイトを紹介!家庭学習にも使える?

スポンサーリンク
情熱大陸 マイクラ プログラミングテレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月23日(日)23時から放送の「情熱大陸」は、日本初のプロマインクラフターであるタツナミシュウイチ。

実は「マインクラフト」は教育現場でも活躍中とテレビでも放送されてました。

プログラミング教室だけでなく、一部の学校でも教材として使われ始めた「マイクラ」。

番組内でもタツナミさんが小学校で教えていましたね!ですが・・・やっぱりゲームはゲーム。使ってみようと思っても、「名前だけは知っているけど……」「本当に家庭学習として取り入れる必要があるの?」という疑問にお答えしました!

この記事では次の内容を紹介していきます。

  • 情熱大陸タツナミシュウイチのマインクラフトはこれからの学習で必要?実際に授業を行っている小学校を紹介!
  • 情熱大陸タツナミシュウイチのマインクラフトが家庭学習で無料で学べるサイトを紹介!

情熱大陸タツナミシュウイチのマインクラフトはこれからの学習で必要?実際に授業を行っている小学校を紹介!

結論から言ってしまうとこれからの学習をよりわかりやすく楽しくするためにもマインクラフトは必要と言えます。

タツナミさんが小学校に実際にいってマイクラを教えている様子が番組内でもありました。

子供たちの目がキラキラしながら真剣な目で受けていた姿。

プログラミングの上達がものすごく早い子供。

うちの子もやらせてみようかな?と思った人もいませんか?

番組内では子供のプログラミングについてはあまり触れていなかったので、ここをもうちょっと深掘りしていきます。

マインクラフトはICT教育に一役かっている。

ICT教育とは、パソコンやタブレット端末、インターネットなどの情報通信技術を活用した教育手法のこと。

コロナ禍により取り入れている小学校も増えてきました。

最近の教育現場は加速して変わってきています。

タツナミシュウイチ 情熱大陸

ICT教育の目的は大きく2つ挙げられます。

1つは、わかりやすい授業の実現です。

子供たちの確かな学力を育成するためには、よりわかりやすい授業を実現することが重要です。

ICTを効果的に使うことで、視覚や聴覚に訴えかける臨場感のある学びを実現できます。

もう1つは、いわゆる21世紀型スキルへの対応です。

従来の教育では、いかに大量の知識を暗記できるかに重きが置かれていました。

しかし、知識や情報をインターネットでいくらでも手に入れられるようになった今、膨大な知識や情報の中から必要なものを主体的に選び取り、活用できる「情報活用能力」や「創造力」の育成が急がれています。

また、従来のような、教師から生徒への一方向的な授業ではなく、双方向型の授業やアクティブ・ラーニングが求められるなか、ICTはそれを助けるツールとなる点も注目されています。

デジタル・ナレッジより

確かに・・・。

我が家の小学5年生の娘を例に挙げると学校ではじまったタブレット授業では、映像があったりタブレットでの操作があって楽しい!と話していました。

また私の会社でもすでにAIが行っている仕事が増えており、私の業務内容も変わってきています。

やっぱりやるしかないか・・・プログラミングと思う今日この頃。

そんな中、マインクラフトを取り入れている学校ではどんな授業が繰り広げられているのでしょうか?

「立命館小学校」で取り入れたマインクラフトの取組

京都にある立命館小学校。こちらの小学校でマインクラフトを使った授業を行っていました。

どんな授業かというとすべて英語で話す授業

こちらのTwitterでも立命館小学校・中学校が英語に力を入れている様子が伺えますね。

授業は至ってシンプル。

初めに設計図を見せて、「これを作ってごらん」と。指示はそれだけ。

4人1組で取り組んでいき、各々勝手に作り始めるそう。

これだけでも子供たちは楽しく授業を取り組める様子が伺えすね。

これは家庭学習でも取り入れてみたいポイントですね!

授業を行っているのはこちらの正頭英和先生。

立命館小学校 英語科ICT教育部長です。

 

英語だけかと思いきや・・・全ての授業にもマインクラフトを活用しているそう。

以下、Business insiderより先生のインタビューの文章になります。

英語の授業で行っているだけなの?と思いましたが実はマインクラフトは英語であり、国語や社会、図工でもあるそう。

まずは「金閣を建てよう」と目標を設定すると、「なぜ金色なのか」「誰が作ったのかという疑問が出てくる。それを調べて学ぶのは社会の授業です。

で、何のために作ろうか、と投げかけると、「まだ京都へ来たことのない海外観光客向けに作ろう」という目的を自分たちで決めます。

実際に作るためには設計図が必要ですから、それは図工の知識を活用する。

実際に建造物を作るのはプログラミングの授業です。

それと、もう一つユニークなのは、マインクラフトのデータを、海外の子どもたちに試してもらうんです。

Facebookには教育向けのマインクラフトのグループがあるのですが、そこで試してもらう人を募りました。

彼らはかなり単刀直入というか、「ここが分からない」「動かない」と英語でズバズバ言うので、結構傷つくんですけど、子どもたちとしても1年近くかけて魂込めて作り上げたものですからね。

頑張って辞書を引いてメッセージを翻訳して、指摘された箇所を修正する。

そしてもう一度送り直すんだけど、また「これは何?」「どういうこと?」と質問が来る。大人の僕らでもめげそうですけどね(笑)。それでもまた修正して …… そうやって英語を学んでいくんです。

Business insiderより

楽しく学習出来るならどんどんと授業に取り入れていってもらいたいですね!

情熱大陸タツナミシュウイチのマインクラフトが無料で学べるサイトを紹介!

必要性については理解出来ました。

ただお金をかけてまですぐにはじめなきゃいけないの?ゲームづけにならないの?・・・と心配になる親御さんも多いはず。

だって、こんなにも楽しそうだから・・・。

実は無料で「マインクラフト」が体験できるサイトがありました!

とりあえずどんなゲームか知りたい人も多いはす。早速、紹介していきます。

家庭でも無料で学べるマインクラフト「Hour of Code」

マインクラフトが無料で学べるCode Studio(コードスタジオ)のサイト内には「Hour of Code(アワーオブコード)」という、短時間でプログラミング学習を体験できる無料のミニ講座があります。

こちらならお試しで子供と一緒にマインクラフトを体験する事ができますね!

この中のひとつとしてマインクラフトの世界をプログラミングで体験できる「Hour of Code」

サイトはこちらに記載しました。

他にも、「スター・ウォーズ」「アナと雪の女王」など子供たちの好きなキャラクターを選んで学ぶことができます。

情熱大陸タツナミシュウイチのマイクラは家庭学習に使える?口コミを紹介!

では家庭内でのマイクラはどんな風に使われているのでしょうか?

家庭では普通に遊んでいる様子や、勉強のご褒美として利用している家庭が多かった印象でした。

もしかしたら、マイクラを楽しんでいる家庭はプログラミングの勉強になるとまでは知らないのでは?という印象でした。

勉強となると楽しめなくなってしまう子供も多いのが現実ですね^^;

遊びながらログラミングを学べて、一石二鳥!ここがマイクラの良いところ。

ちなみにプログラミング教室は全国に増え続けています。我が家も娘にプログラミング教室の体験を進めているのですが、女の子だからでしょうか・・・男子も多いし、あまり興味がない様子。

 

もし、プログラミング教室に通わせてみたいと気になった人はこちらをご覧ください。

プログラミング教室一覧

情熱大陸タツナミシュウイチのマイクラが無料で学べるサイトを紹介!まとめ

コロナ禍が進み、思っていた以上に学習の面でもIT化が進んできていると小学校の娘を育てながら印象を受けました。

塾ではオンライン授業、学校ではタブレット授業にプログラミング。

タツナミさんのように自分の好きなことを仕事にできるのは、親としての理想の姿であり、小学校から既に必須になるプログラミングは楽しく勉強してもらいたいですね。

これからICT教育はますます進んでいくことと思います。

私も子供たちと一緒にマインクラフトでプログラミングを楽しんでいきたい思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログでは毎日を楽しくする情報やお役立ち情報を発信中!またブログに遊びにきてください。

親子で学べるプログラミングの本!一緒にあるとなお便利。

 
実はレゴでもマイクラが。こちらは別の楽しみ方がありますね。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました