小1の壁 フルタイムママ

小学校準備 年長さん

小1の壁はフルタイム勤務で乗り切れる?5つの対策方法と体験談を紹介!

「保育園ではこんなことなかったのに…!」

「小学校では親がこんなこともしなきゃいけないの!?」

と、小学校1年生のママがぶち当たる悩み小1の壁。

 

特に、フルタイム勤務で働くママにとって、保育園・幼稚園に預けられる環境はとても助かりました。

しかし小学生に上がると、その環境は一気に変わります。

 

プリキチ
 現役小学生ママのわたしも小1の壁を経験。

長期休み

学童に行きたがらない

プリントの山……

など数々の壁をクリアしてきました!

 

そこでこの記事では、これから小学生になる年長さんママと、すでに小1の壁で悩んでいる小1ママに向けて「小1の壁を乗り越える方法」をお伝えしていきます。

 

 

小1の壁ってなに?問題点は5つ

 

ここでいう“小1の壁”とは、フルタイム勤務で働いていたママが仕事と育児の両立が難しくなることを指します。

今までは保育園・幼稚園に預けていたからこそフルタイム勤務で働けていたわけですが、小学校に上がるとそれが難しくなってくるんです。

さてそれはなぜでしょう?

①保育園や幼稚園より預かり時間が少ない

保育園・幼稚園時代、フルタイム勤務で働くママは17:00~18:00くらいまで預けている方がほとんどではないでしょうか。

私自身も毎日18:00までか、少し仕事が長引くと19:00まで預ける日もありました。

しかし小学校では学童保育になりますが18:00までというところも少なくありません。

保育園等に通っていた時期よりも早くお迎えに行かなければならなくなります。

②会社の時短勤務終了

会社で設けられている時短勤務制度ですが、これは小学校に上がるまでとしている会社がほとんどです。

小学校に上がると保育園等に預けていた時間より早くお迎えに行かなければなりませんので、この時短勤務が終了してしまうと子供との帰りの時間が合わなくなってしまいます。

やむを得ずお留守番をさせてしまう事になってしまいます。

③平日に学校行事が多数

保育園時代は平日の行事はほとんどないのではないでしょうか。保育参観などは土曜日に行われることが多いと思います。

しかし小学校は参観日だけではなく、個人面談、懇談会、PTA会議や学校説明会など、行事が目白押しです。

しかもそれらを平日に行う場合も少なくありません。

有休が何日あっても足りませんよね。

④宿題や勉強のフォローが必須

保育園にはなかったものの一つが“宿題”です。

最初の頃はきちんとできているか確認しなければなりませんし、宿題の丸付けも学校のほうからお願いされます。

うちの子の場合は音読や計算カードのタイムを計ったりする宿題もあります。

だいたい30分~1時間ほど、貴重な時間をこどもの宿題に費やさなければなりません。

小1の壁を乗り越える5つの対策

 

 

 

①ママとパパの働き方改革

いくら仕事と育児を両立させると言っても、やはりどちらか一方は少し目をつむらなければいけない部分も出てきてしまいます。

そこで、育児を優先するのであれば、会社に制度を確認したり、交渉してみたりすることも大事です。

時短勤務やいまではフレックスタイム制をとる会社も増えてきています。

小学校に上がるタイミングで確認してみるのもいいかもしれません。

②放課後に習い事をフル活用

お家に一人でお留守番をさせるのはちょっと…というママには習い事もおすすめです。

ただしほとんどの習い事には送迎のシステムがないため、子供たちが自分で行かなければなりません。

その中でもスイミングは送迎バスがあるところもあるので探してみるのもいいでしょう。

③祖父母に協力依頼

どうしてもパパとママ両方の都合がつかない時は実家が近くにあった場合、祖父母を頼るのもいいでしょう。

子供が熱を出したりした時も、責任のある仕事に就いているパパママは休みづらい場合もありますよね。

また、率先して孫の面倒を見たいという祖父母も少なくはないですから、そういう場合は大いに甘えましょう。

④民間のサービスを利用する

自治体の学童保育よりも民間の学童保育のほうが長い時間預かってくれる場合があります。

しかしその分、費用が高い傾向にあるようです。

自分の稼ぎよりも民間の学童保育に預ける費用のほうが安くつくのであれば利用してみるのもいいかもしれません。

また小学校一年生のうちだけ、と期間を決めて利用すれば長い間家計に響く心配もありません。

民間のサービスには他にも、小学校一年生からのベビーシッターや送迎に便利な子育てタクシーなどもあるようです。

ただそれなりに費用が掛かりますので、どうしてもとい場合のみ使うことをおすすめします。

⑤ママ友ネットワークで協力

預けられる祖父母が近くにいない、でも民間のサービスは使いたくない、そんなママにはママ友を頼ってみるのもいいでしょう。

私自身、近所の同じ学校に通う同級生のママにお迎えを頼んだこともありますし、逆に頼まれたこともあります。

同じ小学校一年生の子供を持つママですから、安心ですよね。

 

フルタイムで小1の壁を乗り切った体験談

  • この記事を書いた人

プリ吉

はじめまして。 このたびは、数あるサイトの中から見にきてくださってありがとうございます。 ママ歴11年。現役WEBライター。 一姫二太郎の子どもがおります。プリ吉と申します。 子育て中のママの悩みに特化した記事を発信してます。 忙しいママの毎日を少しでもお手伝いできると幸いです。末長くよろしくお願いします。 プリキチ

おすすめ記事

NFTってなに 1

なやむ女性NFTアートって最近よく聞くけど、わたしでもわかるかな?興味があるけど、難しそう。それにちょっと怪しいと思ってしまうけど……。   と思っている方も多いですよね。気にはなっているけ ...

NFTアート 購入方法 2

  NFTアートを購入してみたいけどやり方がわからない…… 専門的な分野だからわたしには無理かな   と、NFTアートを購入してみたいけどやり方がわからずに、悩んでいる方も多いです ...

webライター ブログ開設 3

webライターをはじめたけど、ブログを始めようかと悩んでしまう……。 ブログ運営をすると、スキルが上がるって本当?   ……と悩んでいるライターさんも多いですよね。 プリキチ 結論から言うと ...

-小学校準備, 年長さん

Copyright© プリログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.