小1の壁 年長さん

小学校準備 年長さん

【小1の壁】年長さんからはじめられる小学校準備は?親子で通学路を一緒に歩こう!

 

小学校入学は、とっても嬉しいものですがと同時にやってくるのが「小1の壁」。

幼稚園や保育園のように、先生が手取り足取り指導してくれていた生活からガラリと変わります。小学校に通う上で、親御さんが特に心配な点をあげてみました。

 

登下校で一人でちゃんと歩けるか・危険はない?

小学校の授業でちゃんと座ってられる?

時計を読んで行動できる?

朝、ちゃんと起きられる?

 

プリキチ
 わが家も現役小学生の娘がいます。

小学校に入ったら、慣れるまでは大変でした!

でも入学前の、年長さんから少しずつ準備を始めておくことがおすすめです

 

結論をいうと、「小1の壁」を低くするには年長さんから少しずつ入学準備をはじめましょう。特に、勉強以外の生活面を親子で準備を始めておくと入学後がスムーズです。

 

そこでこの記事では、現役小学生ママのプリ吉が、経験談をもとに年長さんからはじめられる小学校準備を紹介します。今回は「登下校」。

来年、小学校1年生になる息子も一緒にチャレンジしていきます!

 

むすこ
 ぼくと一緒に小学校準備をはじめよう! 

 

では、早速本題に入りましょう。

 

 

 

年長さんからはじめられる小学校準備【通学路編】

小学生と幼稚園・保育園では、毎日の生活がガラリとかわります。

今まで、園で先生が細かくフォローしてくれていた

ポイント①親子で通学路の確認

小1の壁 年長

引用:「子どもの交通安全教育」ALSOKより

小学校に入学する前に一番やっておいてほしいことが、「通学路を歩く練習」です。今まで、ママやパパが送迎をしていた園と違い、子どもが自分自身の足で歩いて学校にいかなければなりません。

中でも、一年生は歩行中の事故も多いことから実際に登下校する時間帯に通学路を親子で歩きましょう。

通学路を歩くときに注意して欲しいポイントは次の図の通りです。

小1の壁 年長引用:「子どもの交通安全教育」ALSOKより

特に、女子より男子の方が事故の危険性は高いです

 

プリキチ
 実際に娘と息子を子育て中のプリ吉も、男女の違いに戸惑う毎日。

男の子は周りが見えなくなったり、注意力が女の子比べて低いように思えます。

元気いっぱいの息子。

心配事の1つが、登下校です…‥ 

 

そのため、入学前から、親子で交通安全教育を積み重ねて置きましょう。

親子で通学路の確認をしたいポイントは次の2つ。

 

  • 横断歩道の正しい渡り方
  • 通学路で見通しの悪い場所

 

交通事故を守れるのは正しい交通教育。学校でも交通教育や指導を行ってくれますが、先生がひとりひとり対応するのは難しいのが現実です。

そのため、家庭で交通教育を行うことはとても重要となります。

ポイント②キッズ携帯の活用

プリキチ
 我が家も現役小学生がいる家庭。

小学校から自宅まで約40分と歩く時間が長く家に帰ってくるまでとっても心配でした。

お守り代わりに持たせたのが、キッズ携帯。

GPS機能も搭載されているため、通学路の「どこを歩いているか」など確認ができます。

寄り道をしている時にも大活躍でした。

次の悩みがあるママには、キッズ携帯をおすすめします。

 

  • 自宅から学校までの距離が長い
  • 子どもの登下校が心配

 

私も娘が帰ってくるまで心配の毎日でした。

しかし、キッズ携帯のGPS機能のおかげで「今歩いている場所」を確認することができ、あまりにも帰り時間が遅い場合は様子を見に行くことも。

帰り時間が遅いのは、一年生ではあるあるです。迎えに行った先で起きていた出来事のほんの一例は次の通りです(^_^;)

 

小1の壁 年長

  • 帰りに友達同士で喧嘩をしていた。
  • おたまじゃくしが泳いでいた
  • 水たまりでずっと遊んでいた

 

など、想像しない出来事がおこっていました。

お子さまの登下校が気になるママやパパは、キッズ携帯をおすすめします。もしもの心配をしないためにも、就学前からできる安全対策を行いましょう。

\おすすめしたいキッズ携帯はこちら/


 

小学1年生の先輩ママの経験談

小学校1年生の先輩ママの経験談や口コミを集めてみました。口コミの中で多かったのは、次の通り。

  • ランドセルが重そうでかわいそうだった
  • ランドセルの他にも大量の荷物でかわいそう

 

など、小さい体でたくさんの荷物を背負って小学校へ行く姿に心配するママが多いようでした。

ランドセルだけでも、かなりの重さ。特に新学期が始まる時と長期休み前は荷物の量も多くなります。

 

心配になる気持ち、とってもわかります。

プリキチ
 現役小学6年生の娘がいるわが家。

小さかった背中も、たくましくなりランドセルも小さく感じるようになってきました。

車での送迎もほとんどなし。

ランドセルの重さと、通学路の長さで体が鍛えられたのか風邪を引かなくなりました。 

 

子どもはだんだんと成長していきます。ちょっと危なっかしいけど、見守ってあげるのも大切です。

https://twitter.com/YURAmarie/status/1539410207792836609?s=20&t=Y_Cnwz1md5LsmDGY-8E3yA

https://twitter.com/1970kinaze/status/1536914544093970433?s=20&t=Y_Cnwz1md5LsmDGY-8E3yA

https://twitter.com/megtanha140326/status/1536717769240039424?s=20&t=Y_Cnwz1md5LsmDGY-8E3yA

【まとめ】年長さんから親子で通学路の確認を!

まとめると、通学路を歩く練習は親子で一緒に行いましょう。子どもは思いも寄らない行動を起こします。特に男の子は、女の子よりも注意力にかけるので危険な場所や、入っては行けない場所など親子が大切。

学校任せにしないことが、子どもを危険から守れます。小学校入学まで、少しずつ準備をして楽しい小学校生活をスタートさせましょう!

 

  • この記事を書いた人

プリ吉

はじめまして。 このたびは、数あるサイトの中から見にきてくださってありがとうございます。 ママ歴11年。現役WEBライター。 一姫二太郎の子どもがおります。プリ吉と申します。 子育て中のママの悩みに特化した記事を発信してます。 忙しいママの毎日を少しでもお手伝いできると幸いです。末長くよろしくお願いします。 プリキチ

おすすめ記事

NFTってなに 1

なやむ女性NFTアートって最近よく聞くけど、わたしでもわかるかな?興味があるけど、難しそう。それにちょっと怪しいと思ってしまうけど……。   と思っている方も多いですよね。気にはなっているけ ...

NFTアート 購入方法 2

  NFTアートを購入してみたいけどやり方がわからない…… 専門的な分野だからわたしには無理かな   と、NFTアートを購入してみたいけどやり方がわからずに、悩んでいる方も多いです ...

webライター ブログ開設 3

webライターをはじめたけど、ブログを始めようかと悩んでしまう……。 ブログ運営をすると、スキルが上がるって本当?   ……と悩んでいるライターさんも多いですよね。 プリキチ 結論から言うと ...

-小学校準備, 年長さん

Copyright© プリログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.