小1の壁 夏休みの乗り越え方

1年生 小学校準備

小1の壁の難関は夏休み?先輩ワーママが乗り越えた方法と体験談を伝授!

 

小1の夏休みはなぜ難関なの?

小学校の夏休みは7月の後半から8月末頃までの約1か月あります。

子供にとっては楽しみなものですが、共働きの家庭にとっては通常通り仕事があるのですべて一緒に休むことができません。実家に預けたり兄弟で留守番なども高学年であればできますが、低学年は学童保育を利用する家庭が多くなります。

入学からようやく慣れてきた生活をまた変えないといけないので、大人だけでなく子供も環境の変化に戸惑ってしまいます。

学童に行きたがらない

平日と違って夏休みは学童で過ごす時間も長く、限られた場所での集団生活なので窮屈に感じてしまう子もいるかもしれません。

また、長時間友達と過ごすので時には喧嘩をしてしまったりトラブルも出てくかもしれません。

学童の開く時間が遅い

夏休みの学童の開所の時間は朝8時からという所が多く、普段の登校より遅いことから「仕事に間に合わない」「出勤時間を遅らせてもらうしかない」など、出勤時間に影響が出てしまうこともあります。

多すぎる宿題

初めての夏休み。いきなりぶち当たるのが小1の壁「宿題」です。

なつのとも、プリント、工作、絵画コンクールか読書感想文、朝顔のお世話、お手伝い・・・・

リストを見ただけで気が遠くなります。プリントなどは学童に行ってる間にやってきてくれますが、制作系のものは「どんなのをやったらいいの???」とまず親子が一緒に調べないと進みません。おそらくここが本当に高い小1の壁となります。

毎日のお弁当づくり

給食がない夏休みは毎日お弁当を作って持たせないといけません。

ただでさえバタバタな朝にお弁当が追加!普段から自分たちのお弁当を作っている方もいると思いますが、同じメニューだと子供が食べてくれなかったりとメニューが増え手間も増えます。

先輩ワーママが乗りこえた方法

上記のことについて乗り越えてきた方法です。

学童に行くのが億劫になってる子は、朝送っていくときに「今日はフリータイムはなにができるかな?」「○○さんはきょうくるかな?」「天気がいいから、お外遊びできそうだね!」など、子供がわくわくするような声掛けをしてあげると行きたくないな。。。という気持ちが少し前向きになるかもしれませんね。

宿題の工作などの宿題は図書館や本屋さん、ネットでいろいろ見てみると関連のものがたくさん出てくるので、「こんなのも楽しそうだねー」「こういうの作ったらみんなすごい!ってびっくりするね」と話をしながらけいかくし、仕事が休みの日に子供と一緒に何ならパパも巻き込んでやっていくと、夏休みの間に終わらせることができます。

お弁当については休日にまとめて何品か作って冷凍しておく、もしくは冷凍食品をうまく活用するという方法です。冷凍食品は今や手抜きではない!栄養バランスを考えて選ぶこともできますし、実際美味しいので子供も喜んでくれます。毎回しっかり作っていると疲れちゃうので、うまく使って簡単なお弁当の日を作ることで気持ちも、時間も楽になるます。

また、デザートとして凍らせた小さいゼリーなども保冷材の代わりにもなるので袋ごと冷凍庫へ入れちゃいました。

リモートワークの活用

財策勤務が可能な職場であれば夏休みの期間、在宅できるように申請を出すのも良いでしょう。

早めに申請をだしておけば通りやすいですし、学童の時間やお弁当などは考慮しなくてよいので時間の余裕はできます。

ただ、一年生などはなかなか素直におとなしくはしていてくれないので、そこは子供とタイムスケジュールを立てて過ごすと良いですね。

夫婦交代で夏休み

夏休みの学童の詳細がわかったら早い段階で夫も巻き込みましょう。

お盆休みなどもない職場もあるかと思いますが、まったく休みがないという企業はありませんのでシフトの場合はお互いにずらすなどすると学童に行かなくてもいい日もできますし、土日などを挟んで、休みを合わせるとちょっとしたお出かけなどもできるので思い出つくりにもなります。

リモートワークできる職場に転職

小1の壁は、夏休みにがぎったものではなくこの後やってくる冬休み。新型コロナウイルスの関係でいつ学級閉鎖になるかわからない。平日も時間的にも体力的にもきついと感じるから・・・と転職を考える方も少なくないと思います。

在宅でできるような仕事があれば、急な自宅待機などにも対応できて良いかもしれません。

一年生はまだまだ甘えたいこともあると思うので「お約束」や「仕事に集中できる環境づくり」は大切になります。ネットワーク環境なども整備しなくてはならないこともあるので、在宅と出勤が選べたりする職場を転職を視野に求人をして出しているところを探してみてはいかがでしょうか。

先輩ママの体験談

夏休みに入ってからほぼ毎日学童に通い、平日と同じ時間にお迎えに行っていました。

お弁当を来ることは億劫ではありませんでしたが、ブリントやなつのとも以外の制作関係の宿題がどんどん遅れてしまことも・・・

失敗したこと

ブリントが終わってるけど、夏休み終わり掛けに子供をせかしながら工作や絵画コンクールの絵を描く。などいそいで作る。毎日のお手伝いや自分の立てた目標が疲れて寝てしまいできない日が続くなど、本人も学校に持ってくのにどうしよう・・となってしまうこともありました。

土日で休みの時はせっかくの休みだからとつい、普段やれないことをとプールを出して遊んだりしていたので今思えば、学童同様にまず宿題をやる。などスケジュールを決めてあげられれば良かったなと公開しました。

成功したこと

学童を嫌がる日もありましたが、先輩ママの意見などを聞いてポジティブな声掛けをしたり、

栄養関係なく、お弁当に好きなものだけ詰め込むなどしてとにかく1つでも楽しみを作れたらという事を気を付けました。結果的にいやいや行っても帰りは笑顔で帰ってきてくれたので良かったなと思えました。夏の思い出も家族で出かける日を作ることができたので、そのことを絵日記に書くこともできたので、1日だけでも特別な日を作って「楽しかった夏休み」という思い出を新学期にお友達との話のネタにすることができます。

まとめ

今回は小1の壁の中でもハードルの高い夏休みについて乗り越え方をまとめると次の通りです。

・共働きで自宅で見ることが難しい時は周りに頼る

最たる場所は学童に行ってもらう事ですが、祖父母など頼れる方がいればお願いしてみる

地域のファミリーサポートなどを使ってお迎えに行ってもらう。

時短勤務やシフトの調整をする

・宿題は計画的に工作などはSNSやネットを参考にしてみるとアイデアが豊富

・お弁当は頑張り過ぎなくてOK

リモートワークなどについては可能な職業であればというのが前提にはなりますが、選択肢の一つっとして見ていただければと思います。

1年生は保育園や幼稚園から小学生になったばかりで、まだまだ甘えたい年頃です。

たまにはめいっぱい甘やかしてあげる日を作るのも子供にとってはリフレッシュにもなるのでそういった日を試してみてはいかがでしょうか?一緒にごろごろ過ごすのもいいですよ。

  • この記事を書いた人

プリ吉

はじめまして。 このたびは、数あるサイトの中から見にきてくださってありがとうございます。 ママ歴11年。現役WEBライター。 一姫二太郎の子どもがおります。プリ吉と申します。 子育て中のママの悩みに特化した記事を発信してます。 忙しいママの毎日を少しでもお手伝いできると幸いです。末長くよろしくお願いします。 プリキチ

おすすめ記事

NFTってなに 1

なやむ女性NFTアートって最近よく聞くけど、わたしでもわかるかな?興味があるけど、難しそう。それにちょっと怪しいと思ってしまうけど……。   と思っている方も多いですよね。気にはなっているけ ...

NFTアート 購入方法 2

  NFTアートを購入してみたいけどやり方がわからない…… 専門的な分野だからわたしには無理かな   と、NFTアートを購入してみたいけどやり方がわからずに、悩んでいる方も多いです ...

webライター ブログ開設 3

webライターをはじめたけど、ブログを始めようかと悩んでしまう……。 ブログ運営をすると、スキルが上がるって本当?   ……と悩んでいるライターさんも多いですよね。 プリキチ 結論から言うと ...

-1年生, 小学校準備

Copyright© プリログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.