ぐんまこどもの国はどんな種類の遊具があるの?家族で1日遊びつくそう!

スポンサーリンク
ぐんまこどもの国 遊具 おでかけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

群馬県太田市にある「ぐんまこどもの国」。
広さは役18.70ヘクタール、東京ドーム約4個分る広大な敷地の中には、幼児から小学生まで楽しめる遊具がたくさんあります。
今回はこちらの遊具を紹介します!
四季折々の自然を感じながら遊ぶことができる群馬でも最大級のプレイパーク。ぜひ家族みんなで遊びに行ってみませんか?

ダイナミック広場・わんぱく広場

ダイナミック広場はこどもの国一番のオススメ広場です。

ぐんまこどもの国 遊具

中でも一番のメインは「冒険のとりで」。自然の山の斜面を利用しており、ものすごい長い階段やアスレチックを進み頂上まで登っていきます。
まだ未就学児は一人では怖いかな・・・と思うので、ぜひパパかママが一緒に行ってあげてくださいね。
頂上に登ると「ぐんまこどもの国」を一望でき、とても気持ちいいです。さあ・・・いよいよ今度は長ーい滑り台。
滑り台で降りてくる子ども達は「キャーキャー」言いながら楽しそうに降りてきます。
その笑顔を見ているだけでも、この公園に来てよかったなと思いました。ぜひこちらの遊具に挑戦してみてください。

幼児広場・かくれんぼの丘

この広場は未就学児向けです。滑り台・ブランコ・スプリング遊具など・・・広いスペースで思い切り遊べます。うちの4歳の息子が遊ぶにはちょうど良い遊具の大きさでした。
また、奥に進むと不思議なトンネルが・・・
こちらは「かくれんぼの丘」。名前の通り、丘の下にはトンネルやがあり小学生が友達とかくれんぼを楽しんでました。
小さいお子さんは、パパとママでかくれんぼしても楽しいですね。

サイクル広場

サイクル広場では様々な自転車を家族で楽しむことができます。
自転車の週類は主にサイクルモノレール・サイクル電車・おもしろ自動車・変わり種自転車・バッテリーカーがあります。
私も久しぶりに自転車に乗ってみましたが、とっても気持ちがよかったのと小学生の長女にどんどんと先を行かれ、成長を感じることが出来ました。
サイクル系の乗り物は大人が一緒に乗れるので、ぜひ家族みんなで色々な自転車に乗ってみませんか?日頃の運動不足も解消出ます。

【利用案内】

  • 大人 200円
  • 子ども 100円(4歳位以上から中学生以下)
  • 3際以下 無料

※120㎝以下のお子様は保護者の同伴がないと利用できません。

※小学生2年生以下は保護者の同伴をお願いします。

サイクル広場遊具の利用時間

9時30分から17時(券売終了・16時25分)

【有料遊具運休日】

    •  サイクル広場 毎週月曜日

レストハウス・売店の紹介

ここまで広いとお弁当とレジャーシートを持って1日中遊べます。もし、お弁当を忘れてしまった・・・という方にも安心。「ぐんまこどもの国」には売店があります。
お腹が満たされれば、お昼食べた後もたくさん遊べますね。

【営業時間】
10時から15時
【定休日】
毎週月曜日・12月29から1月3日

ご飯系からデザート系まで揃っています。金額もセットメニューだと600円。単品ですと300円から450円くらいです。
飲み物・デザートもありおやつに利用してもいいですね!

混雑予測

混雑予測カレンダーを見てみると、混雑している時期がわかります。
特に一番混むのは「ゴールデンウィーク」、また、三連休も混雑します。
混雑している時期は、駐車場の入り口より前からずっと車の列が出来るほどになるのでこの時期にお出かけの予定がある方は開演と同時に遊びにくることをオススメします。
【駐車代】 無料

「ぐんまこどもの国」まとめ

小学生高学年になった娘も一緒に遊びにいきましたが、また行きたい!というほど遊具も充実しており、家族で一日楽しく過ごせました。
まだまだ紹介しきれていない楽しい遊具や遊び場があります。詳しくは「ぐんまこどもの国公式ホームページ」をご覧いただくか、実際に遊びにきて体験してみてください!

「ぐんまこどもの国」がある太田市は栃木県や埼玉県からも近いので、遊ぶ場所を探しているご家族にもオススメの場所。群馬県太田市に遊びに来た時はぜひお立ち寄りくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました