ハリーポッターの映画が英語学習に最適!「賢者の石」フレーズ2選

ハリポタ 賢者の石小学生の英語学習

小学生が英語学習する上で、1番大切なことが『楽しく勉強する』こと。

 

 

 

 

ハリーポッターの映画は英検のリスニングで生きる!その理由は2つ

英検で使われる英語は基本的に、

我々日本人になじみのあるアメリカ英語ですが、

時折イギリス英語の表現が見受けられます。

(英検リスニングのコツを徹底解説!高得点を狙う方法とは?, 2017、https://kanzenmap.com/eiken-listening)

 

英検で高得点を狙うには、イギリス英語も重要。

そのため、楽しみながらイギリス英語を覚えることができる、

ハリーポッターがおすすめです。

 

実際のところ、

・英検でどのようにイギリス英語が活かせるのか

・英検でハリーポッターがどのように生きてくるのか

以下でご紹介します。

リスニング試験ではイギリス英語も大切

英検で実施されるリスニング試験。イギリス英語も重要視されています。

なぜなら、最近英語試験で試されているのは、「使える英語」だから。

具体的には、

近年、なまりを感じる

イギリス英語の出題も

増加中。

英検のリスニングは

イギリス英語をいかにマスターしているかが

重要となります。

ハリーポッターはイギリス英語を学ぶのに最適!

リンク:https://youtu.be/joE-ANMPG5k

ハリーポッターはリスニングで大切な

イギリス英語を学ぶのに最適。

なぜなら、ハリーポッターは

生粋のイギリス映画だから。

具体的には、以下の3つの特徴があります。

①俳優陣がほとんどすべてイギリス人。

②主役が子どものため、聞き取りやすい。

③映画の舞台がイギリスで、イギリスの名所も知れる。

ちなみに、

俳優をイギリス人で固めたのは、

作者のJKローリングさんのこだわりです。

例えば、

・ハリー役のダニエルラドクリフは、ロンドン南西部のフラム出身

・ハーマイオニー役のエマワトソンは、オックスフォード出身。

・ロン役のルパートグリントは、イングランド・ハートフォードシャー州出身。

主役3人を挙げてみても、イギリス出身ですね。

また、

・ビッグベン

・キングスクロス駅

といった実際のイギリスにある場所で

ロケが行われています。

映画を見れば、

「イギリスに行ってみたい。だから英語の勉強を頑張ろう!」

とやる気アップにつながります。

イギリスの名所、そして、イギリス英語を楽しく学べるハリーポッター。

必ず英検に生かせそうですよね。

ハリーポッターの映画が英語学習に生きるフレーズ2選

ハリーポッターでは

英語を楽しく学ぶことができます。

理由は以下の2つ。

①呪文が英単語と関連していて自然に覚えられる。

②セリフが簡単で覚えやすい。

特に、主人公が小学校低学年設定なので、

小学生のお子さんも親しみを持って見られます。

ハリーポッターの映画で英語学習に生きる呪文、セリフ2選をご紹介。

 

ハリーポッターの魔法の呪文

英語学習に役立つ呪文と言えば、

Wingardium Leviosa(ウィンガーディアム・レヴィオーサ)、

浮遊せよという意味の呪文です。

 

なぜなら、

・有名なシーンで覚えやすい

・英単語と関連付けて覚えられる

から。

 

まず、ウィンガーディアム・レヴィオーサは、

ハーマイオニーが

魔法の授業のシーンで使ったもの呪文です。

 

勉強のできるハーマイオニーが

クラスで見事に披露。

 

賢者の石の中でも代表的なシーンなので、

インパクトがあり、

覚えやすいです。

 

そして、ウィンガーディアム・レヴィオーサを覚えれば、

Wing(ウィング)』という単語の意味を

セットで覚えることができます。

 

具体的には、

浮遊呪文のウィンガーディアム・レヴィオーサを覚えれば、

Wing(ウィング)(「羽」や「飛ぶ」の意味)も関連付けて自然に覚えられます。

 

以上のように、賢者の石では、

有名なインパクトのあるシーンや、浮遊呪文を覚えれば、

セットでWing(ウィング)という単語も覚えられるので

一石二鳥です。

 

ハリーポッターのセリフ

賢者の石で英語学習に役立つセリフと言えば、

“Books! And cleverness! There are more important things!  –  Friendship! And Bravery!”

(ブックス!アンドクレバーネス!ゼアーモアインポータントスィングズ!フレンドシップアンドブレイバリー!)

(訳:本!賢さ!なんてなによ!もっと大切なことがあるわ!友情とか勇気とか!)です。

 

なぜなら、

名言であり日常英会話でも使えるから。

 

具体的には、

賢者の石のある部屋に向かうハリーを、

ハーマイオニーが励ますときにかける言葉です。

 

ハーマイオニー:大丈夫よハリー。あなたは偉大な魔法使いだもの。本当に偉大な。

ハリー: 君ほどじゃないよ

ハーマイオニー: Me? Books and cleverness. There are more important things: friendship and bravery.
ハーマイオニー:ハリー、気をつけてね

といった流れで出てきます。

 

そして、特に下記の赤字部分は、

“Books! And cleverness! There are more important things!  –  Friendship! And Bravery!”

There are more important things!:ゼアーモアインポータントスィングズ!(訳:もっと大切なことがあるわ!)

は、日常会話で使えるため、1分で覚えましょう。

 

頭の良い

ハーマイオニーがかけたセリフ。

説得力があります。

 

そして、覚えて得られるメリットはたくさん。

①人生の格言として身につく

②英会話でも役立つ

③自分で話せるからリスニングも得意になる

覚えて損はありませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました