ハリーポッターの映画が英語学習に最適!「アズカバンの囚人」フレーズ2選

ハリーポッター アズカバンの囚人キッズ英語学習

 

 

 

 

R:理由:映画ハリーポッターは英検対策にもなる理由とは?

 

実は、映画ハリーポッターを見ることで、

英検対策をすることができます。

なぜなら、映画を見ることで、

「リスニング力」が鍛えられるから。

例えば、ハリーポッターの映画では

イギリス英語が使われています。

このため、

多くの受検者が見逃してしまう

イギリス英語の対策

することができるのです。

 

 

では、

・英検でのイギリス英語の大切さ

・英検とハリーポッターの関連

みなさんの気になる点をご紹介します。

 

 

 

小見出し①英検でのイギリス英語の大切さ

 

英検に合格するために必要なリスニング試験。

意外なことに、「イギリス英語の出題」があります。

 

引用:(英検リスニングのコツを徹底解説!高得点を狙う方法とは?, 2017、https://kanzenmap.com/eiken-listening)

 

なぜなら、英検は世界で通用する英語力を試しているから。

英語と一口に言ってもアメリカ英語だけではありません。

・イギリス

・インド

・オーストラリア

・シンガポール

など様々な国で話されており、

それぞれ「なまり」があります。

しかし基本的になまりはイギリス由来。

つまり、世界で英語を使うには、

イギリス英語の聞き取りが必要です。

このため、

世界で通用する力を試す英検の合格には

イギリス英語をいかにマスターしているかが

大切となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小見出し②ハリーポッターと英検の関係性とは?

 

リンク:https://youtu.be/S4nqUbURasQ

 

ハリーポッターの映画を見ることで、

英検で大切な

イギリス英語の聞き取りができます。

 

なぜなら、

ハリーポッターは

「イギリス生まれの映画」だから。

 

例えば、

俳優のほとんどすべてがイギリス人というのは、有名な話。

 

主役3人を挙げてみても

・ロンドン出身:ダニエルラドクリフ(ハリーポッター役)

・オックスフォード出身:エマワトソン(ハーマイオニー役)

・ハートフォードシャー州出身:ルパートグリント(ロン役)

みんなイギリス出身であることがわかりますよね。

 

また、イギリスの社会を反映した映画であることも特徴的です。

 

例えば、

森の番人ハグリッドは半巨人ということもあり、

魔法社会から白い目で見られる存在。

それを反映して、ハグリッドのセリフには

イギリス英語の中でも

少し田舎っぽいと感じられる言葉

が多く使われています。

そして、イギリスの実際の社会でも同じ。

イギリスの社会では

都会育ちでない人や貧しい人は、

ハグリッドのような言葉を使います。

 

このように、

映画ハリーポッターはイギリス英語を、

そしてイギリス社会を学ぶことができ、

イギリス英語が大切な英検で生きてきます。

 

 

ハリーポッターの映画が英語学習に生きるフレーズ2選

 

ハリーポッターとアズカバンの囚人は、

大人も英語を楽しく学ぶことができます。

 

なぜなら、

シリーズ3作目ということで、

内容がシリアスなものとなり、

ハラハラドキドキが止まらないから。

 

もちろんセリフは

「イギリス英語」なので、

ハラハラドキドキを感じながら

英語の勉強ができます。

 

 

それでは

ハリーポッターのアズカバンの囚人で英語学習に生きる呪文、

セリフ2選をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

小見出し①ハリーポッターアズカバンの囚人で英語勉強に生きるセリフ1

英語の勉強に役立つセリフと言えば、

Expecto Patronus(エクスペクトパトローナス)です。

 

これは、

ハリーがディメンターという怪物を

追い払うために唱えた呪文。

「守護霊よ、きたれ!」という意味をもちます。

 

なぜ英語学習に役立つのかというと、

シリーズで何回も出てくる呪文なので

覚えやすいから。

 

 

 

 

そして、エクスペクトパトローナスの、

Expect(エクスペクト)は、

英語で

期待するという意味。

ちなみにパトローナスは、

守護霊という意味です。

 

このため、

エクスペクトパトローナスを直訳すると、

Expect(エクスペクト)+Patronus(パトローナス)

→「私は守護霊を期待する」

になります。

意訳すれば、「守護霊よ、きたれ!」

という意味になるのも

しっくりきます。

 

つまり、

エクスペクトパトローナス

を覚えれば、

意識しなくても

Expect(エクスペクト)もセット

覚えられますよね。

 

 

 

小見出し②ハリーポッターのセリフ

 

アズカバンの囚人で英語の勉強に生きるセリフはずばり、

“If not, the consequences are too ghastly to discuss.”

(イフノット、ザコンスクエンスィズアートゥーハスィートディスカス)

(訳:失敗すればすべて水の泡じゃ。)

です。

 

 

なぜ英語学習に役立つのかというと、

日常英会話でも使えるからです。

 

具体的には、

ダンブルドア校長がハリーとハーマイオニーに対してかけたアドバイス。

 

ダンブルドア: 最後のチャイムが鳴る前に帰ってくるのじゃ。

ダンブルドア:”If not, the consequences are too ghastly to discuss.”

(イフノット、ザコンスクエンスィズアートゥーハスィートディスカス)

(訳:失敗すればすべて水の泡じゃ。)

ダンブルドア:しかし、成功すれば、2人以上の罪のない命を救うじゃろう。

 

引用:https://note.com/amamiyayamato/n/n70c3b4f283d6『ハリーポッターとアズカバンの囚人』で学ぶ英語表現【後編】

 

といった流れで出てきます。

 

自分でこのセリフを覚えて話せれば、

リスニング力もアップします。

日常会話でも使えるので、

ぜひ覚えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました