群馬の森は子連れにピッタリの遊び場!博物館も紹介します。

スポンサーリンク
群馬の森 遊具 歴史民俗博物館おでかけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

群馬県高崎市にある「群馬の森」。

広大な敷地内に木々が生い茂り、森林浴にはもちろん「美術館」や「博物館」もあり芸術鑑賞も楽しめる場所です。

赤ちゃんから大人まで様々な世代が楽しめる群馬の森へぜひ遊びに行ってみませんか?

今回は群馬の森の遊び場と親子で楽しめる「群馬県県立歴史博物館」をご紹介します。

あそびの広場

こちらには未就学児が楽しめる遊具を中心です。

群馬の森 遊具 歴史民俗博物館

幼児用すべり台・ミニジャングルジム・ふくろうアスレチック・砂場・健康遊具(大人用)などがあります。

我が家の子どもたちが時にお気に入りなのでが、ふくろうアスレチック

ふくろうの顔が目印なので、すぐにどこにあるかがわかりやすいです。

すべり台からアスレチックなど様々な遊びを一つの遊具にまとめられていて、何度遊んでも飽きません。

ぜひ、お子さんと遊んでみてくださいね!

芝生広場

広い芝生広場は、様々な遊び方ができます。

シャボン玉・バトミントン・サッカー・ヨガ・・・最近、遊びに行ったら凧を揚げている人がいました!

春や秋、外にいると気持ちのいい日はこの広場も混み合いますので、凧は人が少なめの日がいいかもしれませんね。

私は子どもが歩き始めの時に、ベビーカーに乗せて歩く練習をさせていました。

まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんでも、芝生の上なので転んでも安心です。

イベントがある日は、早朝から「青空ヨガ」も開催している日もあるので興味がある方は、「群馬の森公式ホームページ」をご覧になってください。

施設案内

 入場料 無料
【近代美術館】 有料(中学生以下無料) 9時半から17時(月曜休館)
【歴史博物館】 有料(中学生以下無料) 9時半から17時(月曜休館)

お子様用施設

トイレにベビーシートあり(幼児用自転車乗り入れ可)

授乳室

入口近く・美術館内にあり(スタッフの方にお声掛けください。)

食事施設

  • 自動販売機(アイスクリームと飲み物があります。)
  • レストラン(美術館となり、森のレストランころむす)

群馬県立歴史博物館を紹介

最後に群馬の森にある「群馬県立歴史博物館」を紹介!

開館時間

9時半から17時(入館は16時30分まで)

休館日

月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)

観覧料

  •  一般 300円
  •  大学・高校生 150円
  •  中学生以下 無料
【ぐーちょきシニアパスポート】平日のみに割引

常設展示室

歴史の順番に展示がされていてまるで、教科書の中に自分が入り込んだよう。

原始・古代・中世・近世・近現代・・・様々な時代を群馬県の歴史と絡めて展示してあります

中でも、子供たちと一緒に回って一番楽しめたのは最後の「近現代」。

昭和初期のスバル車が展示されていたり、この時期に実際に使用されていた冷蔵庫・洗濯機・テレビなどテレビの中に出てきた物が実際に見る事が出来て楽しそうでした。

歴史の勉強にもなるので、小学校の遠足でも訪れます。

また、企画展では様々な企画を催しております。

企画展示室

第17回テーマ展示【縄文の技】

群馬の森 遊具 歴史民俗博物館

群馬県は「日本一のはにわ県」として有名です。

今回は、国重要文化財「上野塚廻り古墳群出土はにわ」をはじめとする群馬県のはにわを展示します。

また、久しぶりに里帰り!

東京国立博物館所蔵の8点のはにわ達も帰ってきます。

「すばらしき」はにわの躍動感と50年以上も昔の古墳人によって作り出されたはにわをぜひご堪能ください!

開催期間

2月27日(土)から5月9日(日)

特別館長スペシャルトークや、学芸員さんによるイブニングトーク・動画配信サービスなどのサービスもあります。

オススメは「なりきり撮影会」。

体験用甲冑を実際に着用する体験ができるそう!大人用と子供用があります。

気になる方は「群馬の森公式ホームページ」または「群馬県立歴史博物館公式ホームページ」をご覧ください。

「群馬の森」まとめ

数ある群馬県の公園で、博物館や美術館がある公園があるのはとても珍しいです。

たくさん遊んだ後は、ゆっくりと芸術鑑賞を楽しんだり、「群馬の森」で開催されているイベントに参加したり、楽しみ方は人それぞれ。

群馬の森の帰りには群馬県名物「焼きまんじゅう」をおやつで食べて帰るのもいいですね!

天気が良い日に、ぜひお越しくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました