WEBライターの副業をやってみた!【入門編】

スポンサーリンク
WEBライター 副業WEBライター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

副業が解禁になり何かはじめたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

おすすめはパソコン一つで仕事ができるWEBライター

なぜなら、低コストなので副業として取り入れやすいのはもちろんのこと、自分のスキルの一部にもなるから。

 

実はこのブログを書いている私の会社も、副業解禁となりこちらのブログを開設。

8月からWEBライターの仕事をはじめました。

 

この記事では私のWEBライターの実体験を元に、

  • はじめかたがわからない
  • はじめの一歩が踏み出せない

と悩んでいる人に向けてお届けしていきます。

副業のWEBライターのはじめ方

副業でWEBライターをはじめようと思っても全く知識もないし、文章力に自信がない人も多いのではないでしょうか?

実は、初心者さんでも学びながらお金をいただける案件が、クラウドソーソングにはたくさんあります。

勇気を振り絞って行動をしてみましょう!

クラウドソーシングに登録しよう!

WEBライター はじめ方

まずはクラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングといってもたくさんありますが、おなじみなのは、クラウドワークスやランサーズではないでしょうか?

クラウドソーシングを選ぶ上でのおすすめは、自分が好きな案件を扱っているかということ。

副業の強みは、失敗しても本業があること。

 

たくさん案件を受けて、全く手応えなしでも誰かに迷惑をかけるわけでもないのはもちろんんこと、失敗から学べることもたくさんあります。

失敗を重ねたことにより、今の自分がどんな案件なら仕事をもらえるようになるかわかってきます

案件の選び方は?

WEBライター はじめ方

この章では実際に、私が行っている案件の選び方について紹介していきます。

案件の選び方で悩んでしまったとき、初めの一歩が進まない時の参考にしてみてくださいね。

 

私の案件の選び方、それは…自分の興味がある案件に応募しまくるの一択です。

今、自分が運営しているブログは主にトレンドブログ。

内容は、世の中で話題になっていることや、季節の行事に関するお役立ち情報をお届けしています。

 

自分の挑戦したい内容もたくさんあるのですが……

  • 書き方がわからない
  • 読む人がどんなことに興味を持っているかわからない

など、考え過ぎて執筆がなかなか進みませんでした。

 

しかし、自分が全く書いたことがないジャンルのお仕事をさせていただくと、

  • クライアントから書いて欲しい内容を教えてもらえる
  • 世の中の人が求めている情報を知ることができる
  • お金をいただいたいるので、自分自身も執筆の取り組み方が違う

とメリットばかり。

また、多くのジャンルに挑戦することにより実績も上がってくるおまけ付きです。

副業でのクラウドソーシングのおすすめはクラウドワークス

たくさんあるクラウドソーシングの中で、私のオススメはクラウドワークス。

なぜなら、案件の量が日本最大級とうたっているだけあり、毎日のように新しい募集が出てきます。

詳しくは次の章で解説していきますね。

クラウドワークスがおすすめのわけは?

webライター 初心者

出典:クラウドワークス

クラウドワークスのメリットは、

  • 仕事を探す画面が見やすい
  • 初心者からでもはじめ安い案件がたくさんある
  • 自分が検索をした仕事に関連した仕事をオススメしてくれる
  • 2,000円以上の報酬から1日、15日の二回に分けて報酬が振り込まれる
  • スキルを上げたい人ように学びの場がある

私の場合は、他のクラウドソーシングにも登録をしていますが、仕事を探す画面がクラウドワークスが一番、見易かったです。

 

もちろんデメリットも、

  • 報酬が2,000円以下だと振り込まれない
  • 報酬を受け取る時、銀行の手数料が都度発生するので受け取り方の設定をしなければならない

一番はお金の受け取り方。

自分の実力がついてくると、自然と仕事の受注率もアップしてきます。

なので、今の自分にあった報酬の受け取り方を選んでいきましょう!

クラウドワークスで実際にいただいた案件を紹介

最後に、私がWEBライター1か月間に受注をした仕事内容を紹介。

いただいた案件は……

  • 小中学生の教育記事
  • 結婚相談所のサービス紹介記事
  • ブログ記事作成(3記事)
  • アウトドア記事のトライアル
  • ネット副業の追加ライティング記事のトライアル

報酬の合計は約35,000円弱でした。

思ったよりも多い!と思った人もいると思いますが、ここからクラウドワークスの仲介手数料20%と銀行振り込み手数料を引かれます。

振り込みの依頼をする銀行は、楽天銀行がオススメ。手数料100円と一番少額ですみます。

 

実はトライアル記事を2本書いてお金をいただけないという事態もありました。

トライアル(テスト記事)をさせていただく場合は、少額でもいいので必ず、お金をいただける案件にしましょう!

 

ちなみに1か月目の応募件数は、20件以上。

私がはじめの1か月で受注したポイントは、

  • 興味がある案件はとにかく応募する
  • 自分の価値を下げすぎる仕事は選ばない
  • 落ちたのがわからないくらい、案件に応募しまくる

 

そう、とにかくはじめの1か月は興味がある案件は応募しまくり

WEBライターをはじめたばかりの人は、とにかくたくさん書く事をおすすめします。

たくさん書いていくと、自分が書いている力がどんどんとアップしていきますよ。

【まとめ】副業は挑戦してみよう!失敗しても本業があるから大丈夫

まとめると初心者WEBライターは、

  • 自分が使いやすいクラウドソーシング先を見つける
  • 興味のある案件を応募しまくる

の2つ。

副業の良いところはたくさん失敗しても誰にも怒られない事。

 

仕事が一件も取れない!となっても、本業があるので焦ったりすることもほとんどありません。

また、本業のありがたみを感じる人も多いはず。

上手に2つのバランスをとりつつ、少しずるWEBライターとしての実力をつけていきましょう!

 

次の回では、初心者さんがWEBライターとしてスキルを付けられる案件についてお伝えしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました