がっちりマンデー「LUUP」電動キックボードのシェアサービスの使用方法を伝授!口コミも

スポンサーリンク
がっちりマンデー LUUPテレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎週日曜日、朝7時半から放送の「がっちりマンデー」の6月6日のテーマは「あのがっちりは今?」。

放送で取り上げられた「電動キックボードのシェアサービス LUUP」が気になりました。

買うのはちょっと高いけど、どうやったらシェアできるか知りたい!

この記事ではそんな疑問に答える次の内容を紹介!

  • がっちりマンデー電動キックボードのシェアサービス「LUUP」を使うには?
  • がっちりマンデー電動キックボードのシェアサービス「LUUP」の口コミを紹介!選ばれる理由は?

がっちりマンデー電動キックボードのシェアサービス「LUUP」を使うには?

番組を見て実際に使ってみたい!と思った方も多いはず。でもちょっと待って。

「LUUP」を使うにはいつくか手順が必要。早速、解説していきます!

「LUUP」を使用前の事前準備

LUUPはすぐには使えません。

使用前に準備が必要となるので必ずお願いします。

電動キックボードのシェアリングサービスは、産業競争力強化法に基づく新事業特例制度において、規制の特例措置として実施される実証実験として行っております。

そのため、事前準備として、

  • ①免許証の事前登録
  • ②事前テストの合格

必要になります。

アプリ左上のメニュー(≡)から、ユーザー名をタップし、

①免許証の事前登録および

②事前テストを受験ください。


事前テストは以下の【本実証実験の留意点】から出題され、全問正解するまで受験いただく必要があります。

提出いただいた免許証の画像の内容をスタッフが確認いたします。


免許証画像の承認および事前テストの受験ステータスの反映には、お時間をいただきます。


免許証をアップロードし、事前テストに全問正解したにも関わらず、別途お知らせするキックボードのシェア開始時にアプリ上のステータスが切り替わっていない場合、免許証の種別や有効期限、事前テストに入力した電話番号をお確かめの上、LUUPカスタマーセンターまでお問い合わせください。

LUUPより

知らなかった情報!免許証?と言うのが運転免許証なのかLUUPオリジナルの免許証なのか、ちょっとわかりませんでした。

もうちょっと詳しく調べてみたら・・・ありました!

自動車運転免許を持った方が乗車対象となります。

LUUPより

でした。公道を走るのである程度、交通ルールがわかっている人でないと運転できません。

逆に、運転免許を持っている人がLUUPの運転をしているので安心しました。

「LUUP」の使い方を簡単に説明!

では、事前準備も終わったので早速LUUPを楽しみましょう!

使い方はとてもシンプル。「LUUP」の利用可能エリアであればどこでも使用できます。

  1. 街中のLUUPポートを見つけて、乗りたいマイクロモビリティを選ぶ。
  2. アプリを立ち上げて、QRコードをスキャン。
  3. 目的地付近のポートまで、ライドを安全に楽しみます。
  4. 駐車時の写真をとってライド終了。

登録はこちら→LUUP

「LUUP」が利用できるエリア

【利用できるエリア一覧】

LUUPの利用できるエリアは着々と増えています。

私の街にもこないかな?

  • 渋谷
  • 新宿
  • 六本木(赤坂/虎ノ門)
  • 大阪キタ
  • 大阪ミナミ
他エリアへの展開も現在準備中。

「LUUP」の利用料金

【ライド料金】

初乗り 10分間/税込110円、10分以降1分あたり16.5円。

【ボート外停車料金】

ボート外でライドを終了した時。一回につき150円。

現在、クレジットカードの支払いのみとなっています(2021年6月現在)。

がっちりマンデーの「電動キックボードのシェアサービスを口コミを含めて徹底比較!選ばれる理由は?

電動キックボードってコロナ禍になり「密」を避けられることでも人気になりつつある「LUUP」。

20代から30代の仕事をしているサラリーマンやアルバイトに行く学生にも大人気!

人気の秘密を口コミを交えて紹介。

がっちりマンデーの「電動キックボードのシェアサービス」の口コミは?

これは?久しぶりの登場!田口くん。

実際に「LUUP」を使って様子です。気持ちよさそうに乗っていますね。

こんな風に出勤時にも使えます。東京は坂が多いのでLUUPでの移動は疲れなくていいですね。

がっちりマンデーの「電動キックボードのシェアサービス」の悪い口コミ

こんなに気持ちよく乗れる「LUUP」。悪い口コミなんてあるのでしょうか?

悪い・・・と言うよりも、人混みが多くて使うのを躊躇してしまう・・・と言う口コミが多かったです。

LUUPが欲しい!って言う声も。京都ですと歩く距離も長いのももちろん、観光客の方にもあると便利ですね。

これって京都以外の観光地でも同じかも。

人気がありすぎてかりられない!と言う口コミも。こちらは徐々に解決していってくれそう。

がっちりマンデーの「電動キックボードのシェアサービス」の良い口コミ

やっぱり風を切って町中を走れる「LUUP」は気持ちがいい!

海外では電動自転車がお馴染みのようで、懐かしい!と言う声もありました。

キックボードがやっぱり人気のようですね。

がっちりマンデー電動キックボードのシェアサービス「LUUP」の選べれる理由は?

普通の電動自転車ですと、公道は走ってはいけません

でも「LUUP」はみてもらうと分かる通り、きちんとナンバープレートがついています。

実は他社でも同じシェアサイクルがありますが、「LUUP」が選ばれる理由についても調べてみました!

「LUUP」が選べれる理由 その1

価格が安い

10分以内1時間プラン
LUUP110円なし

(10分あたり1分16.5円)

movicle250円1,000円
短時間の使用ならLUUPが断然お得!
「LUUP」が選べれる理由 その2

夜中でも気兼ねなく使える!

 営業時間
LUUP24時間
movicle9時から20時
「LUUP」が選べれる理由 その3

使えるエリアが広い!

 使用エリア
LUUP渋谷、新宿、六本木、大阪
movicle福岡

がっちりマンデーの「電動キックボードのシェアサービス」まとめ

キックボードの他にも電動自転車もあるもの嬉しいですね!

電動ですと、高いのでなかなか手が出ない人にもぴったりです。保育園や幼稚園の送迎時にも電動自転車が使えるといいな・・・と個人的には希望です。

「LUUP」これからますます活躍の場所を広げそうです!

最後までお読みいただきありがとうございました。このブログでは毎日を楽しくする情報やお役立ち情報を発信中!

またブログに遊びにきてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました