バルミューダオーブンレンジの掃除は簡単?場所別にみる正しいお手入れ方法

バルミューダオーブンレンジ お手入れ方法お役立ち情報

おしゃれで使い勝手の良いバルミューダオーブンレンジ。購入したいけれど、日々のお手入れ方法やメンテナンスの仕方が気になるという方も多いですよね。

 

そこでこの記事は、バルミューダオーブンレンジの基本的なお手入れ方法についてまとめました。

 

バルミューダの基本のお手入れ方法

ここでは、バルミューダオーブンレンジのお手入れ方法について、各箇所に分けて説明していきます。安全に長期間使用するためにも、こまめな掃除と丁寧なお手入れをおすすめします。

普通のオーブンレンジ同様のお手入れを

①安全を考慮し、お手入れをする際には電源プラグをコンセントから抜いてから行うようにしてください。

 

②感電する恐れがあるため、濡れた手で電源プラグを抜き差ししないように注意してくださいね。また、シンプルでおしゃれな外観は、汚れが目立ちません。

 

③オーブンレンジの表面が、パウダーコートで施されているのでざらざらしているのが特徴。指紋がつきにくいので見た目がきれいに保てるのは嬉しいですね。

 

フラットテーブル

庫内はフラットテーブルで余計なでっぱりがないため、お手入れがしやすいのが特徴。汚れた場合には、ふきんなどで早めに拭き取りましょう。

 

汚れを放置して使い続けると、焦げて焼き付いてしまい落としにくくなるので気をつけます。

外観のお手入れの仕方

バルミューダオーブンレンジ本体の外側は、かたく絞ったふきん等で水拭きして汚れを落としましょう。

 

また、排気口、吸気口、アース端子、電源プラグなど、オーブンレンジの外側はほこりがたまりやすくなります。やわらかい布などでカラ吹きし、定期的にほこりを取り除くようにしましょう。

ターンテーブル(中が回るタイプ)との違い

電子レンジには、フラットテーブルとターンテーブルの2タイプがあります。大きな違いは、回転式の皿がついているターンテーブルに対し、フラットテーブルは皿がなく庫内は段差のない平らな構造になっているのが特徴です。

 

以下は、構造以外にも主にどんな違いがあるのか、フラットテーブルとターンテーブルについて比較した表になります。

 

フラットテーブルターンテーブル
センサー赤外線センサー重量センサー
庫内の構造凹凸のない平らなつくり回転皿がある
価格ターンテーブル式よりも高めリーズナブル
加熱ムラ均等に加熱できる加熱ムラができやすい

このように、両者を比較すると目に見える構造の違い以外にも、異なる点がいくつかあるのが分かりますね。

バルミューダのお手入れする時の注意点は3つ

 

①扉の内側にある黒色のゴムのお手入れは丁寧に

フラットテーブルの黒色のゴムは強くこすると、傷つきやすく割れる原因にもなります。お手入れは気をつけておこないましょう。

 

注意点は以下の3つになります。

 

 

・庫内や角皿を汚れたまま使い続けると、汚れが発火したり、腐食・悪臭などの原因にもなったりするため、清潔に

 

・角皿の使用直後に急冷すると破損や変形をすることがある

 

・加熱直後には、水をかけると蒸気が発生しやけどの原因となる

 

 

このように扉内部の汚れを放置しておくと、発火の危険性があります。角皿の取り扱いにも十分気をつけましょう。

 

②庫内上部にあるヒーター部分は汚れが落としにくい

バルミューダオーブンレンジは、上火ヒーター式です。庫内上部にある上火ヒーターに汚れがついてしまった場合は、ふきんやメラミンスポンジなどを使って拭き取るようにしましょう。汚れを放置してしまうと焦げの原因にもなるので、早めに汚れを落とすようにしてくださいね。

 

③お手入れの際に使ってはいけないもの

バルミューダオーブンレンジをお手入れする場合に、以下のものは使えません。

 

・金属たわし

・ナイロンたわし

・メラミンたわし

・スポンジの研磨部分など

・シンナー

・ペンジン

・クレンザー

・漂白剤

・除菌アルコールなど

 

 

さらに、バルミューダオーブンレンジの重量はおよそ12㎏あります。オーブンレンジ本体を動かす場合には、十分気をつけてくださいね。

また、移動させる際は、アース線を外してハンドルを持たないようにしましょう。

バルミューダオーブンレンジにオススメの洗剤

庫内の汚れを落とすには、台所用中性洗剤と柔らかいスポンジを使って掃除するのがおすすめです。角皿も同様にお手入れするとよいでしょう。

 

また、重曹を使ったお手入れ方法もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

①耐熱ボウルに重曹大さじ1と200ccを入れ、500~600wで5分あたためる

②そのまま庫内で30分放置し蒸らす

③30分後、水滴と一緒に汚れを拭き取る

④約10分扉をあけて乾燥させる

 

簡単なので定期的にお手入れすると、長期的に清潔に保つことができるのでおすすめですよ。

 

バルミューダオーブンレンジはフラットテーブルで手入れがしやすい

バルミューダオーブンレンジはフラットテーブル式なので、庫内が平らな構造になっています。段差がないことで、庫内の汚れが拭き取りやすく掃除の際にもお手入れしやすいのが特徴です。

 

たとえ小さな汚れでも、放置しておくと焦げやすくなり、後々掃除が大変になってしまいます。バルミューダオーブンレンジを長くきれいに使い続けるためにも、日々のお手入れをこまめにするよう心がけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました